女性の為の観相学・損する顔 得する顔(27)@頂光・ヒールエナジー

顔学会のニューズレター内の図書紹介。
いつも参考にしています。
その中に「損する顔得する顔」山口真美 著が紹介されていて 読んでみようかなと思っています。

得する顔ではないですが
「損する顔は防ぐ」 の目的で、
(毛がのびてきたら)当方で眉カットをする社長さんがいます。

以前は床屋さんで顔剃りと一緒にされていた様ですが
あることをお話ししてから
床屋さんで薦められてもそれからは
(私が気になる眉になると)当方で気になる毛の眉カットをさせて頂くようになりました。

(ちなみにメニューにて(開運)眉カットのみのサービスはありません。
顔を基に気になることや気付くことがあると、
長いお付き合いの方が多い為、気兼ねなくお伝えすることが多いのです。)

以前はトラブルが遠退く眉。
今回は温厚聡明、話術巧みで説得力がある眉。
観相学で言う 「羅漢眉」の形をベースに
気になる毛をカットしました。


観相学を使った「顔の取り扱い説明書」』
http://amzn.to/2DSJTQV
羅漢眉は絵つきでこの中でも紹介しています。

職業がお坊さん。
年配の方に羅漢眉の眉の形をした方を多く見ます。

色々なお役の全う。
エネルギーと持続力も大切にしていただく。
そのイメージの為
眉尻は今回少し変えました。

損する顔得する顔ではないですが
皆さん色々なお役の全うがあります。

女子も仕事に専業。
そして専業・兼業主婦。色々ですよね。

この社長さんみたいに「大きなお役の全う」
ではなくても 皆それぞれの全うする事柄があります。

その人の時期にあわせ、
元々持っている顔が生き生きできて、自分のいい持ち味が出せている顔。
それが損してない顔で
結果得してる顔になっていくのではないかと
観相学を教える者は考えます。

「眉1つで損する顔得する顔があることも因果である」
多分その事を実感していただいたからこそ眉を大事にされる。
今回はそんな方の話です。


先日観相学初級を受講された方がいます。
渡したテキスト内に劉備にまつわる話を紹介しています。
脱線話で下記も紹介しておきます。

「馬氏の五常 白眉最も良し」
眉の逸話でこんな話もあります。

赤壁の戦い
劉備の旧知の人物が人材登用の助言をする。
その時推薦したのが馬氏の五兄弟。
その中で最も優秀なのが馬良で、眉に白毛が混ざっているので「白眉」と呼ばれる。
五常」とは五兄弟の意味。
「白眉」は上記を基に「同類のうち最も傑出した人や物のこと」を言うようになります。


今回社長の眉の間の白毛はわざとおいてあります。
なぜならば6月まで会派のお役目があるとお聞きしていたからです。
白毛は老人の証という人もいますが、白眉と変えると己の見え方が変わります。
話題から友好を産出す。
会合会談時の話題にでも使っていただければ、これまた幸いです。

#顔学会
#損する顔得する顔
山口真美
#観相学
#赤壁の戦い

女性の為の観相学・あるべき姿と加齢(26)@頂光・ヒールエナジー

人がここに来る理由は
物ではなく
不調や痛みから逃れる為の便益を買いに来ています。

人にはあるべき姿の形相があります。

加齢を含む
体の生理的欲求の改善と
T(Time・時刻)
P(Place・場所)
O(Occasion・時=場面)
T・P・Oで自分の力が出せて
自分のいい持ち味が出せる事に繋がる
自己接待の行為としてここに来られています。

あるべき姿の形相には様々な考えがあります。

実際より5歳若く見え・感じる姿の成立
とする加齢に対する考え。

そして加齢と共に
あるべき姿の更新・成立の変化の考え。
があります。

加齢とは変化を知ること。
人生の変化の中
病気や環境の変化などのキッカケから
大切にしていた価値観が崩れる時があります。

崩れた時
自身のアイデンティティを更新する過程が起こります。

あるべき姿の形相の更新の過程が起きるその際の自己産生
他者の契機が含まれます。

実年齢は若いとは言えない。
今やっていることは5年後大事なことになる。
心や体の不調・痛みの完全リセットは難しいが変えることは不可能ではない。

あるべき姿の形相

雑多な困難や逆境に対してでも
TPO(時刻・場所・場面)で
自分の力が出せて、いい持ち味が出せる状態を産生すること。

加齢を考える際
共同制作者である技術者は
素材を使い生命力を強く大きくすることが役割。
と考えます。

女性のための観相学(25) 純烈の会見@頂光・ヒールエナジー

純烈の一人の会見。
を報じている情報番組をお昼の合間に見ていると
坂上忍
「ファンデーションしてるよ」
「謝る会見でファンデーションはしないほうがいいんじゃないかな。そのままで出ないと」
見てるところが違うな。とやけに関心しました。

ファンデーション。
「先生この頃は(お友達20代)男子がファンデーションの色をおススメしてきます」
普段の会話らしい・・・。
でも化粧品が楽しい頃「らしい」会話です。

「なぜファンデーションをする?」に関して
「隠したい」
「エチケット」
「肌色の補正」
大人になると必要からの意見があがります。

芸能人なので補正も全く化粧のない顔で
メディアに出る芸能人はいないでしょうが
純烈の四人の会見と一人の会見を比べると
「顔の色」が違う。
観相学を知る私から見ると、そこに「あ~そうか~」と化粧以外の面で感想が出てしまいます。

顔色・気色・血色これは同意語。
顔には内面の心理状態が「色」となって現れる。

一人の会見を見ると汗や油が出るけど色はあまりでない。
四人の会見を見ると涙と色(四人とも)「気色」がでていました。


f:id:reiko3875:20190116153928j:plain


顔には筋肉があり血管があり日々代謝をしています。

その姿を
観相学では
「血色」は比較的長い期間の運気や健康状態を表し
「気色」はその時々現れ・消えの憂い・悩み・喜びを示し
これから起こる喜怒哀楽も表す。と教えます。


会見をみて観相学では
顔・耳の色の気色に「争い」を見、
(災難・病難・争い)いき詰まりの兆しを観ます。
でも鼻の色に気色をみると仕事の不振で苦しむ兆しは会見では出て無かったです。


NHKの歌番組を楽しみに
毎週見ている親を日々見ているので
四人には「これからも歌番組に出てきてほしな」と願いもこめて思いますね。

女性の為の観相学・講座「顔の理解は自分の理解」(24)@頂光・ヒールエナジー

今回顔の話をしたのは
観相学・上級編まで受講した(友人でもある)生徒さんの要望から。

彼女は8年前に観相学を受講し、
その後コンサルタント業の際「顔の知識が役に立った」という実感から、

観相学・顔から得られる情報はすごい。
これを知っていたら生きやすい人が増える」
と思ったそうです。


「もっと生きやすくなる。
メイクがサポートできるように」
そのための講座を開催したい。
とのことから、今回、顔の話をしてきました。


当方に顔のことを知りに来る人は様々です。
色々な職業の方がおられます。
今回主催の彼女は、
#親業
#自分軸
などを伝える仕事をしています。


私は顔の事を伝えていますが、二人に共通していることは


「自分の生き方を広げる知や情報を伝える」講座をしていることだと思います。


顔の枠組みを伝えるだけではなく、顔がなぜ?そうなっているのか。
を伝えることによって
「意識の入れ替え」キッカケ
になればいいと思い、今回講座をさせて頂きました。


「顔の理解は自分の理解」は講座の題名です。


講座を始める際、


観相学を使った「顔の取り扱い説明書」』
http://amzn.to/2DSJTQV


本を購入し事前に読んで講座に来てくださっていた方も多数いらっしゃいました。


始まる前に
「本難しかったです」の意見をいただけたこと。

お昼をご一緒した皆さんの顔を題材に
実例をもとに「Q&A」の話が出来たこと。

懇親会に行かない方が帰られる際
「時代背景の求めと共に、流行の顔も違う」の話を聞き
今までは「仕事をしなければ」と思っていたが
仕事はご主人に。
「自分は家にいてもいいのだ」と思えた。の感想を伝えていただけたこと。

などの時間が持てたことが、今回よかったと思っています。



f:id:reiko3875:20181128124701j:plain



後日ですが主催者である
#川西未来子 さんが自身の
アメブロ にて
出席者さんのアメブロに載せている感想を紹介していました。



・専門学校やメイクセラピーとは違った視点で顔を見る大切さを感じた。

・決めつけ・思い込みを強くする材料を増やすのは不自由になる。
 だがそういうものを習うのではなく、脳の使い方が顔に出るを聞き、知りたいと思った。

・自分を確立していきたいの思いがあった。
 望む未来がやってくるのではなく自分が掴みに行く。将来に役立てたい。

など感想を持たれたようです。
(それぞれのブログから、言葉を一部載せさせて頂きました)



今回の話の内容は

美人も可愛いも皮をはいだら頭蓋骨。

皮をはいだ骨を見ても誰だが分からず
美人なのか女性なのかすらも分からず
ましてや何を伝えたいのか?などは分からない。

だが、その上に皮がついていることで顔があることで、
何とか見当を付け判断してきた。

顔をみただけでは分からないが、同時に顔が無ければ分からない。
そんな経験は皆あるはずです。


 観相学とは、皆が「何となく知っている顔」をもう少し具体的にしたもの。


世の中には新しい知識があふれていますが 
 「幸せの実現・満足の実現」「生活の役に立った」という実感の中、
知恵として意味とともに残ってきたもの。

顔を知っていると、自分も他人も含め「人」の理解を深める事が出来るのです。

 顔はメディアです。
メディアとして他にさらす理由はコミニケション・対話をするためです。

自分と自分のコミニケション・対話
自分と他とのコミニケション・対話

人の評価の基準、共通の物差しに顔はあるため
顔・観相学を知っていると、コミニケション・対話の際に理解が変わるのです。
 
人は其々、状況・環境・優先順位にしている事が違うので、其々の明日に対する訴えは違います。
人は緊急度によって チェンジ・アフターがつくられるものです。
今はまだ緊急性がなく、優先順位が決まっていなくても
その時が来た時は、思い出しかたが変わります。
 
目の前に必ずある顔。
その認識が変わることは、明日に対する訴え、生き方が変わることに必ず繋がります。

観相学を知ること・顔を改めて知ることは「意識の入れ替え」に繋がります。


そんな内容でした。


観相学を習う人の目的は其々です。
「自分や周りを占いたい」それもいいと思います。

女性の為の観相学・「らしい」顔の違い(23)@頂光・ヒールエナジー

同じ場所から同じ場所まで。
いつもとは違う時間帯の電車に乗るだけでも風景は変わるものです。

いつもは朝7時前
電車は仕事にいくひと学校に行くひとと会う乗り物。

時間帯が違うお昼前の電車に乗るとまた違う風景です。

この時間帯は 子連れのお母さんも多く
親子の様子を見た周りが声をかける。

ベビーカーを電車から降ろすことをスーツを着たおじさんが手伝ったり。

余裕が溢れている風景。

時間に追われていないなか行われることに、周りにも微笑が生まれます。


同じ駅から
同じ位の乳児がいて
同じようにベビーカーを持ち
同じ扉から電車に乗る二人のお母さん。

一人は席につき
一人は女性に席を譲ってもらっていました。

席を譲ってもらったお母さんは
電車を待つ時間
駅のホームでも
椅子に腰かけていたおばあさんから席を譲ってもらっていました。

状況に大差ない二人
でも顔が違う二人。

私も席を譲るなら皆さんが譲っていた人に席を譲るかな。
と#顔を見て思っていました。

行為を好意として受けとる人
行為を意図として受けとる人
1つの事柄に対しても取り方はそれぞれ。

素直は歳と共に少なくなり
行為は行為と素直に受ける事ができなくなりやすい。

そして一般に挨拶が 言えない人が多くなっている。

駅でも電車でも
席を譲ってもらっている同世代のお母さんにガンを飛ばしているお母さんにではなく

挨拶でもある「ありがとう」を
普段から言っているように見えるお母さんの方に

#観相学
#顔でいう所の
「無防備な顔」のお母さんの方に
私も「席を譲ってあげたいと思うな」など思うのでした。

「無防備の顔」とは#目尻・眉尻が下がる#顔のこと。
小さな子供といるとき多くの大人は
目尻・眉尻が下がる「無防備な顔」になる人が多いものです。
周りもその顔に親子の「らしさ」を見ていたりするのではないのかな。
など#観相学を教える者は思うのでした。

女性の為の観相学・青筋が立つ(22)@頂光・ヒールエナジー

青筋(が立っている)
これ、血管の浮いた状態・浮き上がって見える状態。ですね。

青筋。
昔はよく言いましたが、今では死語ですかね。

昔よく言った青筋。
ヒステリーと昔は別名・意味で言いました。

そして私が観相学を習っていた時、
青筋は、髪で隠れている陰面(横面・横顔)の部分。「妻妾宮」を観ると教わりました。

*陰面・・・世間に出していないプロフィールの顔。
*妻妾宮・・・男女の情を顔を12分割してみるゾーン。

でもこれは専業主婦を生涯の職業とし選ぶ人が多かった時代の事。

青筋。
血管の浮いた状態・浮き上がって見える状態。
今は少し違ってきているようです。


f:id:reiko3875:20180905193023j:plain

この頃多いのが、髪で隠れている陽面(前面)の部分。
への字に眉が上がる・眉山の延長上にある髪の生え際。

*陽面・・・世間に出している人生の顔。

今は専業主婦が当たり前ではなくなってきている時代。
青筋の場所に違いが出てきているのは
仕事を専業とする人。主婦も仕事もする人と、多様化してきていることの違いと思うのです。



への字の眉

f:id:reiko3875:20180905193306j:plain


女性は勝気・姉御肌。
生活力の強さを表す。
決断力・行動力があり、情熱を傾けて仕事をやりぬく。




青筋の場所
影響している筋肉の支配域が違ってきています。

f:id:reiko3875:20180905193157j:plain




眼輪筋に関係する部位は心の窓。
「情」に関係する事を観相学では観ます。

皺眉・前頭筋に関する部位は心になる前・察知する。
「仕事」に関係する事を観相学では観ます。


目は心の窓。
眉は遺伝子で本能・心の動きを表す。
観相学初級では教えます。

数年前でしたがある人が
良妻賢母とは夫には「情」・子には「才」
キャリアウーマンとは「才」があり「見眼」もよい。情けは少ない。
と言っているのを聞き苦笑しましたが、
私も仕事をして30年。
青筋ひとつでも、場所の変化に時代の流れを感じます。
「情より仕事」
現実に青筋が立つ。見ていて増えているように思います。


剣眉(義経眉)
f:id:reiko3875:20180905194032j:plain


への字の眉を通り越して義経眉・戦いの眉に向かう人もいます。
男性に多いですが
義経眉とは観相学では戦いあぐねる・自論を曲げない危険な面があると言います。
剣の眉と言われるように眉尻が跳ね上がった形の眉。
筋肉で言うと眉が吊り上がっているということですね。
吊り上がる状態とは緊張状態を表すことですね。


こんな人がいました。
「どうしたらモテる?」と
(戦いすぎている)知り合いの社長に言われ
眉尻を少し下げた顔を作り、その顔を一緒にいたお連れの女性陣に見せると
「顔変わる~。優しくなった~。相手できるかも~」と(ジョーダンで)皆好印象。

眉尻はどうやったら下がると思いますか。
眉尻は無防備と共に下がります。
と伝えると
「仕事がら一番遠いやん。無理やん。整形しようか」といっていました。
それはジョーダンですが
今の自分の常識・習慣を疑う癖をもたれたとか。
その後、風のうわさで、ボランティア活動をしているとか。
きっかけで人って変わるものです。


なぜこんな事を書くか。
というと。
老いはまだ若い。というか
(この人だけではなく)年齢より脳が若い人。これからドンドン増えていくと思うのです。
30代~40代女性に、悩むことが多い世代に向けて本を書きましたが
成熟世代。50以降、
一時停止してもまだやれる自分をを応援したい。の声。聞くんですよね。
希望を失わず対応していく能力・柔軟性。大切にしたいよね。とおもうのですね。



「いくら口ではよさそうな事を言っていても
本当にやっている人を知っているから
本当に残った人は2人だった」(そのうちの1人は私だそうです)
先日こんな話をしてくれた50前の彼女がいました。



観相学を使った「顔の取り扱い説明書」』
http://amzn.to/2DSJTQV


P126
日常の中に埋もれている大事な事をも観相学・顔は伝えています。
「気付きと配慮と手当て」多くの女性は生活に取り入れやすいことです。



青筋は40代(女性)から見かけます。
「気付き・配慮し・手当てをする」自分でも出来ますが
当方では青筋を見かけた時に
「顔と頭の施術」11,340円(税込)で手当を行う事が多いです。

やりたいことをやれる地場を造る事を手助けする事。
コミュニケーションとは意識を入れ替えている事。
技術を使いケアをすることとは、生命力を強く大きくする事。

これからの長寿社会。
生命を強く大きくするためのそんな職人でありたいな。など思っています。

女性の為の観相学・耳(21)@頂光・ヒールエナジー

顔認証の技術。
先日パスポートで日本入国の際、楽だな~と実感。
でも、東京オリンピックに向けてこの技術。
0.3秒で承認になると。
すでにNECが技術を持っているとか。
進化していますね。

そう言えば「耳」でも個人が分かるように今後なるらしいですね。
確かに「耳」は案外個性が出る所です。

観相学では「耳」はその人の哲学・イデオロギーを観る所です。



開業した当初。
携帯用折り畳み式ベッドを車に積んで、
一部の方の(来客用駐車場と空き部屋1室が用意できる)お宅に訪問していた頃がありました。
その中に議員さん宅があり、
その頃窓口である奥様との話で「耳」の事、「よく見ておられるなー」と実感したことがありました。

多くの人は、正面から見る顔を見て判断していますが、
こうゆう人は、耳まで見て判断しているのだな。と思ったものです。


耳。
観相学では
2歳前後からの心の芽生えに伴い
自分が見たいものに対して自動的にピントが合い
「何かを聞きたい」心が入ってくる。
知りたい欲求が目と耳を発達させると中級編で伝えています。

より多くを知りたい3歳~10歳頃
心を加えた目と耳による感性の基礎がつくられる頃
目や耳は個別に””独自の形””を整えます。



耳の形の(一部)

・「土耳」
f:id:reiko3875:20180808181532j:plain

幼い時、愛情に恵まれ、教育熱心な家庭に育った事。
希望に燃えながら成長してきた人に多い耳。



・「袋耳」
f:id:reiko3875:20180808181709j:plain

可愛がられて育ってきた人に多い耳。



・「扇風耳」
f:id:reiko3875:20180808181757j:plain

誇りと哲学と教育をおしつけられて成長した人に多い耳。



・「貼脳耳」
f:id:reiko3875:20180808181826j:plain

幼少の頃から解放され、人の意見や多くの声にわずさわれずに育った人に多い耳。

・・・など。


耳は心という喜怒哀楽により
耳の基礎的な形
そして
その人の持っている20歳頃までの生き方のなかで創られます。

そのため耳は
イデオロギーや哲学を表していると観相学では観るのです。



観相学では
形・色・紋を見ていますが
耳にも、形・色・紋があります。


先日お客様との話で耳の話になりました。


中年以降の耳には皺(紋)も現れます。
中年以降の耳たぶに、斜めに入る皺をみたりしませんか。
斜め45度に入る皺。
心臓疾患のある人などに多く見られる皺ですね。


皺(紋)だけでなく中年以降は色も大切です。
色は運気が現れます。
色は全体または箇所とし
耳を含む顔全体どこにでも現れます。


今話題のボクシングの終身会長。
額に黒色が現れていますね。
額は仕事運。
黒は凶相が深く濃い。最悪の情態と観相学では観ます。

普通色は気や血の動きで、出たり引いたりするものです。
箇所に現れる勢いを運勢とし、固着してしまえば運命となる。
予知ではなく現代の状態である。
観相学では観るのです。


今話題のスポーツ界の人達は皆さんそれぞれ結構な年齢の方ばかり。
先人達然り、これからの時代は超長寿社会。
老いはまだ若いと言える社会の到来です。


超長寿社会を迎えるにあたり
これからの私達に必要な意識は、生命力を強く大きくする事ではないでしょうか。
心身ともに満足している状態を維持しながら
様々な困難や逆境に対し希望を失わず対応していく能力ではないでしょうか。


心身の健康と共に
好い運勢には勢いをつけ
好ましくない運勢は勢いを抑える。
顔を知ることとは目的感に添った日々の手当てとも言えます。

観相学を知る事で
顔を調整してもらったり、を、普段の生活に取り入れてもらうことは
生命力を強く大きくすることに繋がると思っています。



30代~40代女性に贈る 顔の指南書で書きましたが、アラフィフ女性から支持頂いてるようです

観相学を使った「顔の取り扱い説明書」』
http://amzn.to/2DSJTQV




それぞれの岐路に受講して頂いているようです

観相学講座(初級・中級・上級編)
HP//www.healenergy.biz




ちなみに私のパスポートは5年にしています。
なぜならば超長寿社会にむけ
まだまだ好い顔に変わっていくだろうと希望しているからです(笑)